アニメ・アーカイブ研究

研究プロジェクト名

アニメ・アーカイブ研究

専任教員名

石田 美紀   人文社会科学系(経済科学部)・教授

概略

 2016年4月に発足したアニメ・アーカイブ研究センターは、アニメ演出家渡部英雄氏より管理と保存を一任された1970年代から90年代末までのアニメ中間素材(シナリオ、絵コンテ、各種設定集、原画、セル画)である「渡部コレクション」および、ガイナックス社から委託された劇場アニメ『王立宇宙軍 オネアミスの翼』(監督山賀博之、1987年公開)の中間素材を、アーカイブ化・デジタル化し、整理分析してきました。

 これらのアニメ中間素材とそのデジタルデータを研究(国内外のシンポジウム開催及び参加、論文・論集の出版)、教育(実習型講義の開設と運営)、社会貢献(新潟、シンガポール、東京・八王子、スウェーデンにおける『王立宇宙軍』中間素材展開催と協力)の領域において積極的に活用し、国内外の学術界並びにアニメーション業界から高い評価を得ています。

Launched in April in 2016, the Archive Center for Anime Studies has been engaged in the organization and the analysis of two groups of “intermediate” materials, with the method of archiving and digitizing put to use; one is the Watanabe Collection of scripts, storyboards, design sheets, key drawings, animation cels and other production materials, created between the 1970s and the 1990s and entrusted by Mr. Watanabe Hideo for managing and preserving them, and the other the materials of the 1987 animation feature film, Royal Space Force: The Wings of Honnêamise (directed by Yamaga Hiroyuki).

The Center has received a high evaluation in the anime industry as well as academic communities at home and abroad, by making use of those intermediate materials of anime and their digital archive in research (holding and/or participating in symposiums in Japan and abroad, and publishing essays and volumes), education (running practice-oriented courses), and public/external activities (holding and/or cooperating with exhibitions of the intermediate materials of Royal Space Force: The Wings of Honnêamise in Niigata, Hachioji, Singapore, and Sweden).

渡部コレクションについて ――アニメ制作の様々な段階と局面

 本研究センターの発足のきっかけになった渡部コレクションは,アニメ演出家であり現在は大学においてアニメーション制作を指導している渡部英雄氏から管理と整理を一任されたアニメ中間素材です。渡部氏は『宇宙大帝ゴッドシグマ』(1980)『わが青春のアルカディア 無限軌道SSX』(1982)『夢戦士ウイングマン』(1984)『GIジョー』(1984:日米合作)『11人いる!』(1986)『北斗の拳2』(1987)『機動戦士Zガンダム』(1985) 『機動戦士ZZガンダム』(1986)『銀河英雄伝説』(1991)『新世紀エヴァンゲリオン』(1995)などの多くの制作現場で中核的スタッフとして活躍してきました。

 渡部氏が監督の仕事を研究するために収集してきた中間素材は,氏が制作に関わっていた1970年代から1990年代までのものが多く,第2次及び第3次アニメブームというアニメ史上の重要な時期と重なっており,産業的・美学的側面からのアニメ研究の貴重な手がかりになります。渡部コレクションはキャラクターデザインから絵コンテ,原画,動画,背景画,脚本,アフレコ台本,さらにスタッフによる手書きのメモに至るまでアニメ制作の様々な段階と局面を示しており,海外からの受発注関連素材も多く含まれています。

About the Watanabe Collection of the Center

The Archive Center for Anime Studies was originally established to manage and organize the Watanabe collection—the “intermediate” materials of anime works entrusted to Niigata University by anime director Watanabe Hideo teaching animation at universities. Mr. Watanabe was involved as a key production crewmember in the production of many animations, including Space Emperor God Sigma (1980), Arcadia of My Youth: Endless Orbit SSX (1982), Dream Soldier Wing­-Man (1984), G.I. Joe: A Real American Hero (1984; a Japan-US joint project), They Were Eleven (1986), Fist of the North Star II (1987), Mobile Suit Zeta Gundam (1985), Mobile Suit Gundam ZZ (1986), Legend of the Galactic Heroes (1991), Neon Genesis Evangelion (1995), etc.

Mr. Watanabe made a collection of intermediate materials as a part of his research on the role and function of the director. Many of them are from the works which he himself was involved in from the 1970s to the 1990s, the period that witnessed the second and third peak points in anime history. In this sense, the Watanabe collection is an invaluable source for research of anime in terms of industry and aesthetics. It covers various stages and aspects of animation production—character design sheets, storyboards, key animation drawings, backgrounds, screenplays, scripts for voice recording sessions, and production crewmembers’ hand-written notes. Moreover, it includes a considerable amount of materials outsourced from Japan to other countries and vice versa.

本研究センターの教育活動について

 本研究センターが収蔵するアニメ中間素材は,2016年度より新潟大学の実習型講義に導入されてきました。学生が素材の分析を通して,作品が生み出されるまでのプロセスを実証的に確認することで,モノとしての素材が語るアニメの現場,歴史,スタイル,美学についての知識を主体的に獲得することを狙いとしています。受講生は素材をデジタルデータ化するスキャニング作業に従事しながら,自身の研究の題材を見出し探求していきます。また,渡部氏の特別レクチャーも合わせて開催されます。

 アニメ中間素材の教育現場での活用における今後の課題は,学生たちが講義で得た成果をいかに継続させ,発展させていくのかにあります。可能性のある方向としては,本講義を法律や経済,さらには工学や化学など他の領域と接合させていくことが挙げられます。諸領域にまたがるアニメだからこそ,学術的でありつつ,実践的なカリキュラムを整備することによって,アニメ・アーカイブの果たす役割は複合的となり,いっそう重要なものになると期待します。

The Center’s Educational Activities

The intermediate materials preserved in the Centre have been put to use in practice-oriented courses since 2016. During these courses, students investigate the creative process of anime production in its entirety as they deal physically with the materials. These activities should enable students to proactively learn about anime’s production scenes, history, stylistics, and aesthetics. Participating in the digitization of the materials including scanning activities, students gain chance to discover and pursue their own subjects of study. The courses also include special lectures by Mr. Watanabe.

Successfully incorporating anime’s intermediate materials into the curriculum, the Center is exploring ways to ensure that the students will retain and develop what they learn through the courses. One of possible solutions is to connect the courses to other disciplines like law and economics, further, engineering and chemistry. Given that anime studies are related to different areas of research, the archive of anime’s intermediate materials should play an integrative role in the development of a curriculum which involves practical experience without losing academic quality. The importance of the archive will therefore increase even further.

プロジェクトメンバー

氏名 所属・職名 専門分野
石田 美紀 新潟大学人文社会科学系(経済科学部)・教授 視聴覚文化論
キム・ジュニアン 新潟大学人文社会科学系(経済科学部)・准教授 表象文化論
原田 健一 新潟大学人文社会科学系(人文学部)・教授 情報社会論
今井 博英 新潟大学経営戦略本部評価センター・准教授 情報通信ネットワーク
三俣 哲 新潟大学自然科学系(工学部)・准教授 高分子材料・複合材料工学
渡部 英雄 桜美林大学・講師 アニメ演出
須川 亜紀子 横浜国立大学・教授 ポピュラー文化研究
顔 暁暉 LASALLE College of the Arts・講師 アニメーション研究
ダリオ・ロッリ Loughborough University・講師 メディア研究
ジャクリーヌ・ベルント Stockholm University・教授 マンガ・アニメ・メディア研究

活動報告・お知らせ